« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

ドラマ「LOVEΦ」第三話

ドラマ「LOVEΦ」第三話

いよいよGWに突入ですね^^ 今年はお天気も上々のようで絶好のお出かけ日和。リスナーのみなさんは海へ山へ、何処へいかれるんでしょうか。耳ミケもipodに入れて、一緒にお出かけしてやってくださいね。私ですか?仕事ですw 本格派タイムトラベルミステリー「LOVEΦ」も第三話!いよいよ、事件の核心である殺人事件が大きく物語りにからんできますよ。そんな楽しみなドラマが今宵リリース!

今回も賢プロダクションさんにお力添えをいただきまして。いつもの耳ミケと違ったテイストでお送りする、時間を遡ったミステリー。失った過去を求めて旅立った男たちを待ち受ける過酷な運命とは・・・連続殺人鬼の正体はいったい・・・GWもお休みせずに全八話でお送りする感動巨編。そして、初のドラマを盛り上げる主題歌も聞き逃してはダメんw

ちょいと小耳なお知らせ!!

ドラマの感想を書き込むなら「耳ミケ」掲示板へ。もちろんメールによる応援だって受け付けてます^^ 宛先は「333kdorama@gmail.com」まで。

今夜の感想もたっぷり書き込んでくださいね^^

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。(現在、バナー未表示のため×印の画像をドラッグ&ドロップ、もしくはこちらからご登録お願いします)            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

耳ミケバックナンバーはこちらからどうぞ。(一部のドラマはサーバ容量の都合上削除しています)

ポッドキャスト・ドラマ「LOVEΦ」第三話のあらすじ

再び妻の佳織と暮らす佐竹のもとを訪ねてくる吾妻刑事。何とか過去へ戻る方法を問い詰める彼だが、佐竹は過去に戻る方法はないと謝るしかできなかった。解決への手がかりを求めて、吾妻は大島教授へ会わせろと佐竹を脅迫するのだった・・・

果たせなかった約束のために過去へと戻ろうとする男。使命を持ってその男を追う刑事。二人を待ち受ける過酷な運命とは・・・悲しき過去は変えられるのか? 戻れない過去の世界であがく男たちの出した結論とは?そして、未来に待ち受ける結末は・・・すべてはドラマのラストに明かされます。

「LOVEΦ」第ニ話は、4/30(水)零時配信です^^ 耳ミケは毎週水曜が更新日です。

声の出演

吾妻・・・岡林史泰

佐竹・・・遠藤大智

佳織・・・長尾歩

美由紀・・・高橋里枝

沢登・・・佐藤拓也

医師・・・河田吉正

看護士・・・尾崎麗奈

大島教授・・・水内清光

主題歌 澁谷英里

スタッフ

作 尾崎知紀

演出 古舘忠幸

音楽 金沢和孝

音響 前田大介

協力 賢プロダクション

楽曲サポート

金沢和孝

http://neoblue.blog75.fc2.com/

前田大介

http://danonstudio.web.fc2.com/

澁谷英里

ttp://blog.m.livedoor.jp./ethniu/

以上のメンバーでお送りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマができるまで

耳ミケの作られ方

今日は簡単ながら、耳ミケができる流れを紹介します。こんな風にできてるんだーと、理解してくださいね。

1、ドラマのアイデアを練ります。

管理人が一人で考える時もあるし、スタッフさんからアイデアや提案をもらったりもします。

2、企画・脚本作成

管理人か他の作家さんに本を依頼して、簡単な企画書および脚本を書いてもらいます。(1ヶ月程度)

3、キャスティング&収録日選定

オーディションやおなじみの役者さんに出演交渉します。また、収録の予定を絞り込みます。

4、収録

キャスト&スタッフ一同揃って、音声収録に入ります。おもに音響さんのお宅。

5、編集作業

演出、音響、管理人であーでもない、こーでもないと音楽や効果音をつけたりして編集をします。

6、配信準備

サーバーに編集されたデータをあげて、準備します。

7、リスナーのところへ配信

水曜日にみなさんのお手元へ届きます。

こんな感じで耳ミケはできてます。けっこう時間がかかって次回作を並行して準備したりと、3ヶ月前後は一つの作品にかかる感じでしょうか。

|

ミケ史上最大のピンチ!!!

編集の危機!

現在、ドラマ「LOVEΦ」の編集の真っ最中なんですが、なんと音響の大介さんの愛用マックちゃんがご機嫌ナナメになってしまいました。モニターが映らなくなるという故障で、修理に出すと一ヶ月近くなってしまうとのこと・・・

ガ━━(゚ロ゚ノ)ノ ━━ン!

「このままではドラマ編集がぁ」と思っていたのですが、いまはなんとか代用のモニターをつなぐことで応急措置をしてます。しかし、いずれは修理に出さないといけなくて、編集が終わるまで待ってもらっている状態なのです。うーん、機械って怖いです(TOT)

|

ドラマ「LOVEΦ」第ニ話

ドラマ「LOVEΦ」第二話

怒涛のごとく始まった第一話。なんでそんなとこで終わるかな?という続きかたで、気になっていたリスナーの皆様、お待たせいたしました! 本格派タイムトラベルミステリー「LOVEΦ」の第二話が今宵リリース!今回よりドラマは四半期体制になっておりまして、製作日数かかるんです(TOT)ウェーン 待ってくれているリスナーの皆様、本当にごめんなさい。始まったらドラマは毎週ですからね。

さて今回も賢プロダクションさんにお力添えをいただきまして。いつもの耳ミケと違ったテイストでお送りする、時間を遡ったミステリー。失った過去を求めて旅立った男たちを待ち受ける過酷な運命とは・・・連続殺人鬼の正体はいったい・・・本日4/16(水)から全八話でお送りする感動巨編。そして、初のドラマを盛り上げる主題歌も聞き逃してはダメんw

ちょいと小耳なお知らせ!!

ドラマの感想を書き込むなら「耳ミケ」掲示板へ。もちろんメールによる応援だって受け付けてます^^ 宛先は「333kdorama@gmail.com」まで。

今夜の感想もたっぷり書き込んでくださいね^^

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。(現在、バナー未表示のため×印の画像をドラッグ&ドロップ、もしくはこちらからご登録お願いします)            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

ポッドキャスト・ドラマ「LOVEΦ」第ニ話のあらすじ

犯人移送中に事故にあってしまった刑事・吾妻。殺人犯としてつかまった佐竹は銃を盗んで逃走をはかろうとしていた。説得虚しく、人質になってしまう吾妻。厳重な包囲網を逃れ、佐竹が吾妻を連れて行った場所は義父である物理学者の大島のところであった。

果たせなかった約束のために過去へと戻ろうとする男。使命を持ってその男を追う刑事。二人を待ち受ける過酷な運命とは・・・悲しき過去は変えられるのか? 戻れない過去の世界であがく男たちの出した結論とは?そして、未来に待ち受ける結末は・・・すべてはドラマのラストに明かされます。

「LOVEΦ」第ニ話は、4/23(水)零時配信です^^ 耳ミケは毎週水曜が更新日です。

声の出演

吾妻・・・岡林史泰

佐竹・・・遠藤大智

佳織・・・長尾歩

美由紀・・・高橋里枝

沢登・・・佐藤拓也

医師・・・河田吉正

看護士・・・尾崎麗奈

大島教授・・・水内清光

主題歌 澁谷英里

スタッフ

作 尾崎知紀

演出 古舘忠幸

音楽 金沢和孝

音響 前田大介

協力 賢プロダクション

楽曲サポート

金沢和孝

http://neoblue.blog75.fc2.com/

前田大介

http://danonstudio.web.fc2.com/

澁谷英里

ttp://blog.m.livedoor.jp./ethniu/

以上のメンバーでお送りしました。

耳ミケバックナンバーはこちらからどうぞ。(一部のドラマはサーバ容量の都合上削除しています)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おかげさまで41000人

祝、40000人突破!

いよ!おめでとー! え?自分で書くなってw 本当は40000人超えた時点で書くつもりだったのですが、ドラマリリースとかと重なってしまってタイミングを逃しておりました。おかげさまで登録リスナーも延べ41000人です。目標の十万までもうすぐですね、たぶん。

耳ミケの秘密を特別公開!!!

その秘密とはブログに関することです。ドラマ配信は毎週水曜日0時は耳ミケサポーターなら周知の事実なんですが、ブログの更新頻度にも実は工夫があったのです。実はドラマ配信後はドラマページがトップにくるように水曜日~金曜日までは更新をしてないのです。

新しいお知らせや役者さんの情報などは土曜日午後~火曜日という感じでやってるのです。カレンダー参照wえ、秘密でも何でもないってw そう言わないでくださいな・・・特別な事情がなければ、基本的には週三回程度の更新なのです。だから日の空いた土曜日更新が一番多かったりするのです^^

|

ドラマ「LOVEΦ」第一話

ドラマ「LOVEΦ」第一話

リスナーの皆様、お待たせいたしました! 耳ミケが提供する本格派タイムトラベルミステリー「LOVEΦ」がついに始まります。今回よりドラマは四半期体制になったので、待ちわびたリスナーの皆様は本当のごめんなさい。その代わり、すごくいい仕上がりでドラマは完成しております。

ちょうど一年前、前回も協力いただいた賢プロダクションさんにお力添えをいただきまして。いつもの耳ミケと違ったテイストでお送りする、時間を遡ったミステリー。失った過去を求めて旅立った男たちを待ち受ける過酷な運命とは・・・連続殺人鬼の正体はいったい・・・本日4/16(水)から全八話でお送りする感動巨編。そして、初のドラマを盛り上げる主題歌も聞き逃してはダメですよん^^

ちょいと小耳なお知らせ!!

ドラマの感想を書き込むなら「耳ミケ」掲示板へ。もちろんメールによる応援だって受け付けてます^^ 宛先は「333kdorama@gmail.com」まで。

今夜の感想もたっぷり書き込んでくださいね^^

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。(現在、バナー未表示のため×印の画像をドラッグ&ドロップ、もしくはこちらからご登録お願いします)            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

耳ミケバックナンバーはこちらからどうぞ。(一部のドラマはサーバ容量の都合上削除しています)

ポッドキャスト・ドラマ「LOVEΦ」第一話のあらすじ

妹を殺された刑事・吾妻は、連続殺人犯人であるリッパーを密かに追いつづけている。しかし、手がかりはまったくなく、無為に日々を過ごしていた。ある日、所轄内で起きた安楽死事件の犯人・佐竹に出会ったことで数奇な運命に巻き込まれていってしまう。

果たせなかった約束のために過去へと戻ろうとする男。使命を持ってその男を追う刑事。二人を待ち受ける過酷な運命とは・・・悲しき過去は変えられるのか? 戻れない過去の世界であがく男たちの出した結論とは?そして、未来に待ち受ける結末は・・・すべてはドラマのラストに明かされます。

「LOVEΦ」第一話は、4/16(水)零時配信です^^ 耳ミケは毎週水曜が更新日です。

声の出演

吾妻・・・岡林史泰

佐竹・・・遠藤大智

佳織・・・長尾歩

美由紀・・・高橋里枝

沢登・・・佐藤拓也

医師・・・河田吉正

看護士・・・尾崎麗奈

大島教授・・・水内清光

主題歌 澁谷英里

スタッフ

作 尾崎知紀

演出 古舘忠幸

音楽 金沢和孝

音響 前田大介

協力 賢プロダクション

楽曲サポート

金沢和孝

http://neoblue.blog75.fc2.com/

前田大介

http://danonstudio.web.fc2.com/

澁谷英里

ttp://blog.m.livedoor.jp./ethniu/

以上のメンバーでお送りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぴえーるさんのお芝居

ぴえーる松井がお芝居に出てます。

勝手に告知ですがw 案内のメールが私宛に来ていたので、日頃のお礼に宣伝をしておこうと思いまして。今度の土曜日に耳ミケのドラマにもよく出てくれている「ぴえーる」こと、松井真城さんがカフェでミュージシャンの「摩擦飛行」さんと組んでお芝居をいたします。

ぴえーるファンの皆様は生ぴえーるを見にいくなんてのはいかがでしょうか? 管理人コバンもお昼の部に見に行く予定になっています。会場でお会いできるといいですね。

703プロデュース カフェ公演「PLAY×MUSIC」

日時 4/19(土) 一回目 15時~ 二回目 19時~

場所 ポレポレ坐  *JR東中野駅徒歩1分 住所 東京都中野区東中野4-4-1

料金 1500円

出演  ミュージシャン 摩擦飛行

     役者 松井真城 影山尚美 中津川朋広 秦野敦宗 大原瑞紀

|

2008年4月、私のプロフィール

ひさしぶりの自己紹介

をやってみようと、思いつきました。なにせブログも始めて二年以上になるわけでして、初期の頃に書いてた内容を読んでる人も忘れてるかなーとw そして、最近読み始めた人もいるでしょうしというわけで。

職業名でいうと私(管理人コバン)の仕事は最近こんな感じです。

シナリオライター → フリーライター

というほうがあってきましたw 以前は映像や音声の構成台本や映画などの脚本がメインで、いまもそれは変りないのですが。分量として、他の仕事も増えてきてまして。情報誌の取材記事を書いていたり、WEBでブログの原稿書いていたり、情報商材を作ったりと他の仕事もこなすようになりました。

変らず映画やドラマの企画、CDドラマ作成などもやっております。もちろん耳ミケもメインのライターでやってます。このごろ、旅行雑誌がやりたくてw 仕事ないかなーって探しているところです。ま、面白ければなんでもやっている状況ですねw

|

ドラマ「LOVEΦ」予告編

ドラマ「LOVEΦ」予告編の裏耳

さぁ、いよいよ春のドラマが始まりますよ。まるで民放のドラマスタートのようですねw 今週はドラマ予告編に、ドラマのトークで盛り上がる裏耳、ドラマ主題歌を歌ってくれている渋谷英里さんを迎えてのゲストコーナーなど盛りだくさんでリリース。ドラマが待ち遠しいリスナーの皆様は、これを聞いて期待に胸膨らませてくださいねー。

今週の裏耳の中味

トークコーナー「ドラマLOVEΦを語る」

ゲストコーナー「渋谷英里さんを招いて」

今回のゲスト渋谷英里さんが、4/11(金)には池袋でライブをします。彼女の歌を気に入ったリスナーさんがいたら、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。渋谷さんのブログのアドレスはttp://blog.m.livedoor.jp./ethniu/です。携帯サイトなので、携帯電話からアクセスできますよ。

「LOVEΦ」予告編

本格派タイムトラベルサスペンス「LOVEΦ」 時代を超えて男たちが伝えたかった想いとは? 連続殺人鬼の起こす事件を果たして防ぐことができるのか・・・ スピーディ&スリリングな展開で、予想外のことがどんどん起きていく今回の春の耳ミケ。昨年に続き、賢プロダクションに協力を得て送る大型サスペンス。あなたはこの春を永遠に忘れられないはず。

ドラマへの要望・ご意見はいつでも受付しています。また「裏耳DX」へのリスナーからのリクエストやお題もドンドンと受付してますので、「333kdorama@gmail.com」か「耳ミケ」掲示板お寄せください。お待ちしてまーす。

今回の出演は

浪崎ただし/古舘忠幸/名取亜紀/尾崎知紀 ゲスト 渋谷英里

スタッフ

音響 前田大介 制作 耳ミケオールスターズ 

| | コメント (0)

お花見しましたか?

コバンのお花見

すっかり春めいてきましたね。リスナーの皆さんも、今年のお花見は済まされましたか? 管理人のコバンは先週の金曜日に遅めの花見をしてきました。もう満開は過ぎていたんですが、やっぱり春のソメイヨシノはいいですね。日本人に生まれてよかったな~って気になります。(堂々、酒が飲めるからという噂もありですがw)

東京はもうおしまいみたいですが、まだ他の都市は開花もずれたようだからいけるんじゃないでしょうか。地元の大阪では造幣局の通り抜けが有名で、今年は4/16~4/22までのようです。屋台とかもいっぱい出るので、遅めの花見としゃれ込んではいかがでしょうか。

新ドラマ「LOVEΦ(ラブオール)」は4/9に予告編がスタートです。お楽しみに。

|

いよいよ始まる新ドラマ

今度の新ドラマはタイムトラベル!

桜も満開になり、だんだんと春めいてきましたね。トークも終わって、耳ミケもドラマシーンに今月から戻って参ります。賢プロさんにも協力いただいた期待の新ドラマ「LOVEΦ(ラブオール)」ですが、たぶんタイトルの意味が分かりにくいと思うのでご紹介します。

今回のテーマは「失われていくもの」なのです。時が立てば、すべてのものは失われてゼロになります。でも、それは意味のないことではない。愛は見えないかもしれないけれど、ゼロではない。そこに確かにあったものであり、出会うべくして出会ったものなのだという意味をこめてます。だからラブゼロと書いて、ラブオールなのです。

新ドラマ「LOVEΦ」は4/9に主題歌つき予告編がスタートします。期待してくださいね~

|

裏耳DX「春スペシャル第2回」

裏耳DX「春スペシャル第2回」

懲りずに今週もやります、第二回w 伝説的オマケ番組がスピンアウトして帰ってきた、の名も「裏耳DX」です! もっとねちっこくリスナーさんと絡もうということで、番組がパワーアップ。今までになかったコーナーを新設して、放送時間も大幅に拡大。さらに従来のグダグダトークも以前にましてパワーアップ・・・ダメだったら、次回はないと思いますw

裏耳DX春スペシャルコーナー

質問コーナー

新しくなった裏耳DXはこんな感じで進んできます。リスナーからのリクエストやお題もドンドンと受付してますので、「333kdorama@gmail.com」か「耳ミケ」掲示板お寄せください。お待ちしてまーす。

裏耳DXの出演は

浪崎ただし/古舘忠幸/名取亜紀/尾崎知紀

スタッフ

音響 前田大介 制作 耳ミケオールスターズ 

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »