« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

新ドラマ「LOVEΦ」は主題歌つき

耳ミケ初の歌つきドラマ

なんと、4月から始まる新ドラマ「LOVEΦ」は主題歌までついてきますkaraoke 管理人のコバンもギリギリまで知らなかったサプライズw これぞ、クリエイターたちが自由に集まってつくる耳ミケならではの展開ですね。まだ編集作業中ですので、管理人もドラマと一緒になった時はまだ聞いておりません。いったい、どんな作品になるのか! 楽しみですね^^

今日はその「LOVEΦ」の主題歌を歌ってくれてる渋谷英里さんのブログをご紹介です。普段は女性二人のツインボーカルユニットで活動したりしてるそうです。予告編には遊びに来ていただいた渋谷さんの声も収録してるのでお楽しみに。そして4/11(金)には池袋でライブも予定されているので、時間のあるリスナーさんは遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

渋谷さんのブログのアドレスはhttp://blog.m.livedoor.jp./ethniu/です。携帯サイトなので、携帯電話からアクセスできますよ。

|

春なので暴走してますw

新番組始めました。

今回から何故に新番組をはじめたかと言えば・・・ドラマはもちろん耳ミケのメインではあるのですが。毎週1500人くらいの人が聞いてくれていて、なにか一緒にできることはないかと思ったのが最初です。もちろん掲示板やメールなどで交流もあるのですが、もっっと耳ミケのリスナーさんともドンドン絡んでいこうと始めた「裏耳DX」なのです。

こんな企画をやってほしい。うちの町に来てほしいなど、リスナーさんからの意見を反映しつつ、トーク番組づくりをしていきたいなとコバンは思っております。というわけなので、リクエストやお題もドンドンと受付してますので、「333kdorama@gmail.com」か「耳ミケ」掲示板までお寄せください。お待ちしてまーす。

|

裏耳DX「春スペシャル第1回」

裏耳DX「春スペシャル第1回」

あの伝説的オマケ番組がスピンアウトして帰ってきた。その名も「裏耳DX」です!え、まんまですかw 今までになかったコーナーを新設して、放送時間も大幅に拡大。さらに従来のグダグダトークも以前にましてパワーアップ・・・ダメじゃんと言わずに最後までお楽しみください。

裏耳DX春スペシャルコーナー

質問コーナー

SEを使ってみんなで寸劇

新しくなった裏耳DXはこんな感じで進んできます。リスナーからのリクエストやお題もドンドンと受付してますので、「333kdorama@gmail.com」か「耳ミケ」掲示板お寄せください。お待ちしてまーす。

裏耳DXの出演は

浪崎ただし/古舘忠幸/名取亜紀/尾崎知紀

スタッフ

音響 前田大介 制作 耳ミケオールスターズ 

|

その名も裏耳DX

いよいよ、3/26水曜日にリリース

あの名物オマケ番組「裏耳」がDXになって帰ってきます。え、ダ○ンタ○ンDXみたいですか・・・w まぁ、EXとかプライムでも良かったんですが。なんかゴロがいのがDXだったので。

ちなみにDXではこんなところが変わります。

1、レギュラーコーナーができる

2、リスナーからのメールや掲示板での書き込みを紹介する

3、リスナーからのコーナーへのネタも募集する

という感じで、みんなで参加できる番組作りをしたいと思います。どんどんメールや掲示板へ意見をお寄せくださいね。

宛先は「333kdorama@gmail.com」または「耳ミケ」掲示板までお寄せください。

|

男子三日あわざれば

一年経つと・・・

今回、協力していただいた賢プロさんとはほぼ一年ぶりなんですが。やはり、一年経つと若い役者さんというのは見違えるようで。男性も女性もすごく変っているのがわかります。

前回主役だった遠藤大智くんや、彦根藩士を演じた佐藤琢磨くん、お母さんをやっていただいた長尾歩さんたちは、わー演技が深くなったなーと思いました。もちろんここに名前を出してない方もすごかったし、前回ご一緒できなかった役者さんたちも以前とは見違えていました。

若いっていいもんだなと、もうすぐ不惑の年齢に差し掛かる管理人も思いました(笑) いやいや、負けてはいられませんね。

|

制作準備のためお休みします。

今週の耳ミケはお休みです。

リスナーの皆様、ゴメンなさいm(。。)m 次回ドラマ「LOVEΦ」の準備のため、今週はお休みさせていただきます。

なお、来週以降のスケジュールはこんな感じです。

3/26 裏耳アワー拡大版 3月

4/3 裏耳アワー拡大版 4月

4/10 ゲストトーク&「LOVEΦ」予告編

好評の裏耳が拡大版で帰ってきます。いままでにいただいたリスナーからの質問や、ゲストを招いてのトークなど2週に渡って盛りだくさんでリリースする予定です。お楽しみに~

|

新ドラマ準備中

今度は耳ミケ初のSFです!

耳ミケでは珍しいSFタッチのドラマの登場です。次回ドラマ「LOVEΦ(ラブオール)」はタイムマシンを利用して、過去に戻るのですがそこにはとんでもない事件が待ち受けていた・・・みたいなw とはいえ、舞台は現代なので恐竜が出てきたり、侍が出てきたりなんてことはありません。

収録には賢プロさんの協力いただきまして、「桜田門外の恋」の時のキャストもたくさん出ていただいてます。リリースまでもう少し時間をいただきますが、どうぞお楽しみにお待ちください。

トークもあります。

おかげさまで好評のフリートーク「裏耳」も今回は準備中です。さらにパワーアップして、リスナー様からのリクエストも募集する予定ですのでお楽しみに。紹介されたメールにはプレゼント出そうと検討中です。

以上、近況報告でした。

|

「あったか!肉まんパンダ」最終話

「あったか!肉まんパンダ」最終話

06 ついに世間に毒を撒き散らしていた肉まんパンダもついに最終回。桜も待ちどおしい春ですが、リスナーのみんなの心は肉パンで春のように温まっていってくださいね。毎回、ドラマ&トークもついてきて、一回で二度楽しめる新感覚バラエティ。また機会があればリリースしてみたいですね。

音楽は誰もが一度は見たあの名作アニメを大胆にアレンジ!大きな声ではいえませんがア○パ○マンかもしれません・・・わかったリスナーさんも内緒ですよ。さぁ、北京オリンピックも間近です。もう耳ミケのリスナーはすっかり中国通になったことだと思います。春休みはは中国観光なんていかがでしょうかw

ちょいと小耳なお知らせ!!

ドラマの感想を書き込むなら「耳ミケ」掲示板へ。もちろんメールによる応援だって受け付けてます^^ 宛先は「333kdorama@gmail.com」まで。

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。(現在、バナー未表示のため×印の画像をドラッグ&ドロップ、もしくはこちらからご登録お願いします)            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

また、「耳ミケ」の古い話がダウンロードできないという方は、こちらのポッドキャストジュースなどのコーナーをオススメしています。バックナンバーのドラマが全部聞けます。

「あったか!肉まんパンダ」最終話のあらすじ

醤オジサンと共にイタリアへ旅立ったパンダ。華には元の平穏な、しかし、何も起きない退屈な日常が待っていた。二人はもう一度会うことができるのか?ラストはイタリアにいった肉パンに大きな変化が・・・日中文化交流的作品が、ついに感動のフィナーレ!

ドラマ終了後には華&パンダのスペシャルト-クが毎回ついてきます。最終回の今夜は「7456」です。さぁ、あなたはこのお題の意味がわかりますか? ヒント、肉パンに会えばあなたも思う事w

キャスト

中町華 山口透子/肉まんパンダ 小林カナ/中町 古舘忠幸/ナレーション&寛子 名取亜紀

スタッフ

作 尾崎知紀  演出 古舘忠幸  音響 前田大介  制作 耳ミケ

耳ミケバックナンバーはこちらからどうぞ。(一部のドラマはサーバ容量の都合上削除しています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酔ったピカチュー

どうでもいい話なんですが

最近、情報雑誌のお仕事なんかもしておりまして、週に1-2回取材に出かけてるんですが。先日、新宿の繁華街での取材の帰りに酔っ払ったピカチュー(正確にはピカチューの服着たオネーチャン)を路上で発見しました。なんかフラフラ歩いてたので、危ないと思ったら人にぶつかるわ。何度もバッグは落とすわ。同じ場所をグルグル歩いてるわ・・・

時間はまだ16時くらい。さすが大都会だな~と、地方出身の私は驚きました。でも、あの姿で泥酔って・・・酒は飲んでも飲まれるなですねw ピカチューだけに飲んだのは焼酎なんでしょうか。聞けばよかったw

|

「LOVEΦ」収録話

すごいはやい収録でした。

今回はまたもや賢プロさんにご協力いただいての製作だったんですが、一年前に「桜田門外の恋」に出てくれたメンバーがすごく成長していてビックリさせられました。みんな、すごくレベルアップしていて本当に楽しんで演じてくれているのが分かりました。

おかげで収録も予定よりも一時間近く早く終わることができました。キャストの皆さん、本当にお疲れ様でした。今回は前回の桜田門に出ていた水内さん、遠藤君、長尾さん、佐藤君、吉開君が引き続き出演してくれてます。どうぞ期待してください。

|

「あったか!肉まんパンダ」第七話

「あったか!肉まんパンダ」第七話

05 肉まんパンダ、略して肉パンも残すところあと二話。まだまだ寒い日が続きますが、リスナーの心はホットに温めていきますよ~。今週はついに第七話です。 今回新しく、ドラマ&トークという形にしましたがリスナーのみんな的にはどうだったでしょうか? 感想があったら掲示板やメールなどにどんどん送ってくださいね。

音楽は誰もが一度は見たあの名作アニメを大胆にアレンジ!大きな声ではいえませんがア○パ○マンかもしれません・・・わかったリスナーさんも内緒ですよ。近くて遠い国・中国がもっと身近になる。このドラマを聞いて、是非リスナーのみんなも中国通になってください。

ちょいと小耳なお知らせ!!

ドラマの感想を書き込むなら「耳ミケ」掲示板へ。もちろんメールによる応援だって受け付けてます^^ 宛先は「333kdorama@gmail.com」まで。

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。(現在、バナー未表示のため×印の画像をドラッグ&ドロップ、もしくはこちらからご登録お願いします)            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

また、「耳ミケ」の古い話がダウンロードできないという方は、こちらのポッドキャストジュースなどのコーナーをオススメしています。バックナンバーのドラマが全部聞けます。

突然、元夫の中町をひっぱたいた華。いや、もとい中味がパンダの華w その真相とはいったい何か・・・そして四人に待ち受ける恐怖の運命とは? Wデート完結編をリリースする今回の第七話。そして、パンダと華に待ち受ける運命とは・・・ 書いてしまいたいけれど、それは本編のお楽しみで。

ドラマ終了後には華&パンダのスペシャルト-クが毎回ついてきます。第7回の今夜は「520」です。さぁ、あなたはこのお題の意味がわかりますか? ヒント、何回も言ってみるとわかります。

キャスト

中町華 山口透子/肉まんパンダ 小林カナ/中町 古舘忠幸/ナレーション&寛子 名取亜紀

スタッフ

作 尾崎知紀  演出 古舘忠幸  音響 前田大介  制作 耳ミケ

耳ミケバックナンバーはこちらからどうぞ。(一部のドラマはサーバ容量の都合上削除しています)

ドラマ「あったか!肉まんパンダ」第七話のあらすじ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「LOVEΦ(ラブオール)」製作快調

4月からの新ドラマ

二月末に収録を終えた新ドラマ「LOVEΦ(ラブオール)」は、現在編集の真っ最中。今回は昨年に続き、賢プロさんにご協力いただいて素敵なドラマに仕上がってます。耳ミケでは初のSFもので、タイムマシンで過去に戻った二人の男の運命を描いていきます。

守るために戦う!連続殺人事件を追う刑事と妻を殺した殺人犯が過去の世界で何を見るのか・・・結末に待つ運命とはいったい・・・こうご期待。

ちょいと小耳なお知らせ!!

ドラマの感想を書き込むなら「耳ミケ」掲示板へ。もちろんメールによる応援だって受け付けてます^^ 宛先は「333kdorama@gmail.com」まで。

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。(現在、バナー未表示のため×印の画像をドラッグ&ドロップ、もしくはこちらからご登録お願いします)            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

また、「耳ミケ」の古い話がダウンロードできないという方は、こちらのポッドキャストジュースなどのコーナーをオススメしています。バックナンバーのドラマが全部聞けます。

耳ミケバックナンバーはこちらからどうぞ。(一部のドラマはサーバ容量の都合上削除しています)

|

トークショー?

「URAHARA」映画記念で

ひょんな事から、映画のイベントでトークショーに出るかもしれません。監督と私、そして出演者で劇場でご挨拶をすることになりそうです。監督イヤだって言ってたのにな・・・何をしゃべるんでしょうw 詳細はまだ決まってはいませんが、もし出たら耳ミケリスナーのみんなにも会えるかもw

いや~、劇場に立って話すなんて初めてなので恥ずかしいですね。

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »