« 同窓会のような「失恋流し」 | トップページ | 秋の気配 »

ドラマ「失恋流し」第二話

ドラマ「失恋流し」第二話

いかがでしたか?ドラマ「失恋流し」 耳ミケではめずらしい本格派恋愛ドラマ。原作者の鈴木友海さんの女性らしい一面が出ている作品で、管理人は非常に好きです。今後もテレビドラマなどで脚本を書いて活躍してくれる彼女を耳ミケは応援してます。耳ミケリスナーのみなさんも要チェキです。

今回の失恋流しはとても不思議なお話し。半分、都市伝説ですw 苦しい失恋を忘れさせてくれる場所がある。もし、本当だったら誰だって捨ててしまいたい苦しみはあるのではないでしょうか?でも、大切な想い出を無くした後に待っているものは・・・そんな世界を描いた不思議な恋の物語は今週第二話がリリースです。

ちょいと小耳なお知らせ!!

ドラマの感想を書き込むなら「耳ミケ」掲示板へ。もちろんメールによる応援だって受け付けてます^^ 宛先は「333kdorama@gmail.com」まで。

夏ミケへの要望やドラマの感想もたっぷり書き込んでくださいね^^

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。(現在、バナー未表示のため×印の画像をドラッグ&ドロップ、もしくはこちらからご登録お願いします)            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

また、「耳ミケ」の古い話がダウンロードできないという方は、こちらのポッドキャストジュースなどのコーナーをオススメしています。今なら全てのドラマがありますよん。

「耳ミケ」のバックナンバーのドラマを聞くにはここからどうぞ。全ての物語がありますよ^^

ドラマ「失恋流し」第ニ話のあらすじ

誠一との恋愛を流してしまった尚美。何か分からない喪失感を抱える尚美の前に、友人啓吾が現れてある場所に連れて行くという。二人の思い出の場所とは江ノ島だった。しかし、尚美は何も思い出すことができない。以前、ドライブしたような気はするのだが・・・。

失恋を流せる場所があるらしい・・・しかも、新橋の古びたビル街に。あやしい噂でもいい、もう忘れてしまいたいと思った尚美は失恋流しのあるビルを訪れてしまう・・・誰にでもある忘れたい恋。もし、簡単に忘れることができたら、人は禁断の選択をしてしまうのかもしれない。ラストサマーに耳ミケが贈る不思議な恋の物語。

声の出演

戸田尚美(28)宮本夕子/茂上誠一(30)山本修司/宮下敬吾(30)ピエール真城/須藤真弓(23)瑞木にょこ/受付嬢(?)名取亜紀

スタッフ

作 鈴木友海 演出 古舘忠幸  音響 前田大介  制作 尾崎知紀

|

« 同窓会のような「失恋流し」 | トップページ | 秋の気配 »

ドラマ「失恋流し」本編」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「失恋流し」第二話:

« 同窓会のような「失恋流し」 | トップページ | 秋の気配 »