« 「桜田門外の恋」予告編 | トップページ | 桜田門外の恋・第一話シナリオ後編 »

「桜田門外の恋」第一話シナリオ前編

いよいよ始まる、ポッドキャストドラマ・初の大型連続時代劇「桜田門外の恋」

4/11(水)から始まるドラマ「桜田門外の恋」を前に、ドラマシナリオを掲載^^本編前にまずはシナリオで楽しんでみてくださいね~(エラーが出るため、二部に分けました)

第一話 桜田門外の変~回想(前編)

OP音楽

番組案内ナレーション(瑞木)

ドラマ・テーマ音楽

♪1

(BGM)

N「万延元年三月三日のことでございました。

桜田門外にて凶変あり。脱藩水戸藩士によ

り起こされし、大老・井伊直弼の暗殺事件。

明治維新の先がけとも言われた、この政変

を、後の世の人々はこう呼んでおりました。

桜田門外の変なりと」

♪2

   SE 屋敷の門が開く音。

   供回りの者どもの雪を踏む音。

八千代「おのおの方、くれぐれも油断めさ

れるな」

加納「なに、心配無用でござろう、川西

殿。武で鳴らした我ら彦根藩士が水戸の田

舎侍ごときに遅れをとるはずがあるまい」

八千代「だと、いいが」

供回り①「水戸浪士などおそるるに足りん」

加納「その通り」

供回り①「案ずるな、川西どの」

井伊「(オフ)牡丹雪か、三月の節句だという

に・・・何も起こらねばよいがな」

   SE 駕籠の窓を開ける音。

八千代「近頃、水戸浪士による襲撃が噂され

ております。ですが、我ら一同この命に代

えましても殿のお体には触れさせません」

井伊「川西がおるから案じてはおらん」

八千代「もったいないお言葉」

(BGM)

井伊「すまぬな・・・」

八千代「どうかお閉めになってください。お

身体を冷やします」

井伊「川西、わしを恨んでおるか?」

八千代「・・・いえ、まさかそのようなこと」

井伊「母を大事にいたすがよい」

八千代「はい・・・」

   SE 駕籠の窓を閉める音。

♪3

茶店主人「お武家様方、こんな雪の日に登城

の行列見物とは物好きだね。冷えます

から癇でもつけましょうか?」

関「(にこやかに)これはかたじけない」

森「いったか・・・」

関「(厳しい顔で)顔を上げるでない。まだ悟

られてはまずい」

有村「川西忠左衛門がおりもすな」

関「あれが川西か。かなりの手だれと聞く」

有村「・・・アイはオハンがきりもそう」

関「うむ、頼んだ」

   SE 近づいてくる足音

森「参ったぞ」

   SE 鍔口を切る音(柄を握る音)

関「まだまだ。もっと近づけるのだ」

水戸浪士①「・・・あの駕籠に井伊の赤鬼が」

有村「見るがよか。徒士の者どもが刀の柄に

雪よけの袋をつけておりもす」

森「ならば」

関「うむ、好機は我らにあり」

|

« 「桜田門外の恋」予告編 | トップページ | 桜田門外の恋・第一話シナリオ後編 »

桜田門外の恋データ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「桜田門外の恋」第一話シナリオ前編:

« 「桜田門外の恋」予告編 | トップページ | 桜田門外の恋・第一話シナリオ後編 »