« 水戸藩-桜田門外の恋ファイル1- | トップページ | 制作快調~ »

彦根藩-桜田門外の恋ファイル2-

彦根藩は近江(現在の滋賀県)の北部を領した三十五万石の大藩。主城であった彦根城は現在の滋賀県の彦根市にありました。藩祖は徳川四天王の一人井伊直正で、家康の甲斐・信濃の領有後は旧・武田家臣を配下に召抱え「井伊の赤備え」として怖れられる。「井伊の赤鬼」の名称はここからきているという説が有力です^^

譜代有力大名の中にあっても、一度も領地がえも行われずに譜代最大の領地を保有。有名な井伊直弼も務めた大老職を五代に渡って就くなど、徳川家中でも名門の家柄でした。幕府の中心勢力だったわけです。しかしながら、桜田門外の変以後は幕政の中枢から外れ、藩論も新政府側につくようになってしまいます。悲しくも戊辰戦争では幕府と戦うことになるのです・・・

今回の「桜田門外の恋」でも取り上げた彦根藩の屋敷は、今で言う東京都の千代田区にありました。そこから江戸城へ登城していたんですね。東京近郊の方はお暇があったら一度散策してみてはいかがでしょうか?

まことに申し訳ありませんが、今週の配信はお休みです。来週の4月4日の水曜日には、「桜田門外の恋」の予告編をお届けします。どうぞお楽しみに^^

|

« 水戸藩-桜田門外の恋ファイル1- | トップページ | 制作快調~ »

桜田門外の恋データ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彦根藩-桜田門外の恋ファイル2-:

« 水戸藩-桜田門外の恋ファイル1- | トップページ | 制作快調~ »