« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

制作快調~

ポカ、やっちゃったw

昨日は次回のポッドキャスト・ドラマ「桜田門外の恋」の編集日でした。予告編と数話分の編集作業を演出のゆき氏と音響のダイスケ氏とともに作業。春の陽気のせいか、我々の熱気か?w 部屋の中もポカポカとする中作業は進行。

「誰? こんな難しいシーン書いたの?w」などと、おしゃべりしながら今回の時代劇を作り上げていきます。そんな中で、私のミス発覚! なんと、台詞の書き間違いが・・・どうする?どうする?になっても、心強いスタッフたちは笑いながら同じような台詞の箇所から切り張りしてくれて、苦労して加工。さすが!と思いつつ、自分は反省しました。

今回、編集で感じたのは群集が出てくるシーンの距離感の作り方。音でしか表現できないサウンドの世界では、強弱や距離感でシーンを創造してもらわないといけない。音の大きさではなく、近い音量を保ちながら微妙な強弱をつける。右のほうから聞こえるのか、左からなのか? 改めてそこが難しいなと感じました^^ ポッドキャスト・ドラマを聞くときは、ぜひステレオでお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦根藩-桜田門外の恋ファイル2-

彦根藩は近江(現在の滋賀県)の北部を領した三十五万石の大藩。主城であった彦根城は現在の滋賀県の彦根市にありました。藩祖は徳川四天王の一人井伊直正で、家康の甲斐・信濃の領有後は旧・武田家臣を配下に召抱え「井伊の赤備え」として怖れられる。「井伊の赤鬼」の名称はここからきているという説が有力です^^

譜代有力大名の中にあっても、一度も領地がえも行われずに譜代最大の領地を保有。有名な井伊直弼も務めた大老職を五代に渡って就くなど、徳川家中でも名門の家柄でした。幕府の中心勢力だったわけです。しかしながら、桜田門外の変以後は幕政の中枢から外れ、藩論も新政府側につくようになってしまいます。悲しくも戊辰戦争では幕府と戦うことになるのです・・・

今回の「桜田門外の恋」でも取り上げた彦根藩の屋敷は、今で言う東京都の千代田区にありました。そこから江戸城へ登城していたんですね。東京近郊の方はお暇があったら一度散策してみてはいかがでしょうか?

まことに申し訳ありませんが、今週の配信はお休みです。来週の4月4日の水曜日には、「桜田門外の恋」の予告編をお届けします。どうぞお楽しみに^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸藩-桜田門外の恋ファイル1-

P1000355_1 今日は「桜田門外の恋」に向けて歴史のお勉強w 水戸といえば・・・現在の茨城なんですが、有名なのは納豆と黄門様ですよね~w 水戸藩は紀伊や尾張とならぶ徳川御三家の家柄なのに、なぜか倒幕運動であった尊皇攘夷のリーダーであったわけです。これは当時の尊皇攘夷運動が天皇を高めることで、幕府の権威をあげようという狙いも当初はあったからなのです。

また、水戸藩は他の御三家と違い、二十五万石とは土地がやせていて実質石高はもっと低かった。常に支藩にサポートしてもらわねばならない窮状。御三家のプライドは高いが、金はない。こんな土地に押し込めている幕府への不満もたまっていました。金がない状況を打破するのは教育しかないと、歴代藩主は武士だけでなく農民層にまで教育を施しており尊皇攘夷が水戸全土にひろまったのはこういう背景もあったからなんです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「裏耳」未公開スペシャル後編

「裏耳」未公開スペシャル後編

今週もやります、一万人突破スペシャル^^ 最後まで聞いてくれたリスナーは神ですw ポッドキャスト・ドラマ「耳がミケランジェロ」も登録リスナーがめでたく一万人を超えました。 今回の参加は「海モテ」のメンバーなので、ドラマと比べて聞いていただくとドラマが三倍楽しめる仕組です^^

今回の注目は「はっぱ集めてます?」なる爆弾発言まで作ってしまったにょこちゃんw いい大人が何を? ウザカワのカナちゃんに負けず劣らず、壊れっぷりを大披露w マジメなお芝居トークあり、個人の意外な素顔ありと裏耳ならではの面白さを聞かせてます。どうぞ、肩の力を抜きまくりでw

役者さんのやり方

後編の最初のお題は「役に近づきますか? 役を近寄せますか?」 演技する時はあなたはどちらのタイプかじっくりと探っていきます。え、やっぱりまんまなの?と意外性もない人もいますが。2007年流行語大賞をとれるか「ウザカワ」は今週も炸裂してますw

単なるキャバクラトークじゃないの?

「あなたの恋の演技は何点?」 役者たるもの、恋だって演技力を発揮!・・・しているはずなんですが、意外にみなさん照れ屋さんなようでw そして、「ウザカワ」の正体が明らかに! なんと、佐○珠緒ちゃんのキャラにかぶっていることが・・・つーか、趣味の話になっていると非難轟々の後半戦w

今回の参加メンバー

尾崎知紀 (司会)/河合さきこ/浪崎ただし/小林カナ/瑞木にょこ

「裏耳」未配信スペシャルは3/14(水)配信です。

耳ミケからのちょいと小耳なお知らせ!!

裏耳へのご感想、取り上げて欲しい話題などは「耳ミケ」掲示板へどうぞ!

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

また、「耳ミケ」の古い話がダウンロードできないという方は、こちらのポッドキャストジュースなどのコーナーをオススメしています。

「耳ミケ」のバックナンバーのドラマを聞くにはここからどうぞ。全ての物語がありますよ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜田門外の資料

時代劇への試み 「桜田門外の恋」の資料

ポッドキャストドラマ初の時代劇とあって、やはり大河ドラマにも負けない気合でw 今回は資料を選びつつ脚本を仕上げていきました。他にもいろいろと資料はあるのですが、今回は参考にした小説の一部を紹介します。

P1000353

「桜田門外の変」上・下(新潮文庫) 吉村昭 ・・・言わずとしれた「桜田門外の変」を水戸藩士である関鉄之助を主人公に描いた小説。変の前後も詳しく描かれており、へーと思うシーンもたくさんあります。(今回は彦根サイドで書いてますがw)

「幕末」(文春文庫) 司馬遼太郎 ・・・幕末のテロリストを取り上げた異色の短編集。司馬さん曰く、テロは嫌いらしいですw 巻頭の「桜田門外の変」は薩摩藩士の有村が主役になってます。彼を今回のドラマでもクローズアップしたのはこの本の影響w

お時間あるときに読んでみてはいかがですか? アフリエイトのブログではないので、クリックしても買えませんw アマゾンで探してみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝一万人突破記念「裏耳」未配信SP!

「裏耳」未配信スペシャル 前編

ポッドキャスト・ドラマ「耳がミケランジェロ」の登録リスナーが一万人を突破したことを記念して、お正月に配信ができなかった「裏耳」お正月バージョンを無理矢理に配信w 今回の参加は「海モテ」のメンバーなので、ドラマと比べて聞いていただいても面白いですよ^^

今回の注目は「ウザカワ」なる新語まで作ってしまったカナちゃんw そのウザさと可愛さにはまること請け合いですw その他にも意外に警察から表彰された意外な過去を持つ人や、おかしな趣味にはまる人も続々。さてさて、今回もどうなることやら。

役者さんの素顔

最初のお題は、恒例の役者の裏側を根掘り葉掘りと探り出すトーク。意外な人の意外な趣味がどんどん出てきてしまいます。「芸は身を助ける」を実践してしまった人までいて、やっとくものだと納得w 言っておきますが、今回はお正月の収録ですからw

ウザくてカワイイと評判のカナちゃんが大暴れw

「ウザカワ」なる新語まで生み出してしまったカナちゃん。リーダーボスと自称する大ボケのキャラクターをあますところなく暴れてくれます。「そんなうざくないですよ」とご本人のコメントです。「インタァネッツ」なる宮城弁のにょこちゃんの声も注目ですよん^^

今回の参加メンバー

尾崎知紀 (司会)/河合さきこ/浪崎ただし/小林カナ/瑞木にょこ

「裏耳」未配信スペシャルは3/14(水)配信です。

耳ミケからのちょいと小耳なお知らせ!!

裏耳へのご感想、取り上げて欲しい話題などは「耳ミケ」掲示板へどうぞ!

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

また、「耳ミケ」の古い話がダウンロードできないという方は、こちらのポッドキャストジュースなどのコーナーをオススメしています。

「耳ミケ」のバックナンバーのドラマを聞くにはここからどうぞ。全ての物語がありますよ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポッドキャスト・ドラマ&賢プロ

ついに秘密を公開 ( ̄ー ̄)ニヤリッ

ポッドキャスト・ドラマ「耳がミケランジェロ」の第五弾「桜田門外の恋」に強力なサポーターが登場!なんと、声優事務所の賢プロダクションさんにキャスティングや収録に協力していただきました。

3/5に渋谷で行われたポッドキャスト・ドラマ「桜田門外の恋」の収録には賢プロさんの声優さんや、そこで学ぶ若い声優さんも参加。10人のキャストという最大規模の収録となりました。もう、感激の出来栄えです。あとは編集を頑張るのみ!

いよいよ、四月にリリースが迫る新しいドラマ!これからドンドンと情報提供していきますのでお楽しみに^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「海とブログとモテない男」最終話

「海とブログとモテない男」最終話

ついに迎えてしまった最終回! 嬉しいやら、悲しいやらリリースしてる私も複雑な心境ですw もうここまで来たら、聞いてください。そして、あなたの耳で結末を聞き届けてやってください。二人の恋のクライマックスです!

登録リスナーも一万人を越えて、ますます元気な耳ミケ。「海モテ」は今週で最終回ですが、来週からはお正月にリリースできなかった未配信のフリートークSPを二週に渡って、お送りします。もちろん参加メンバーは「海モテ」の役者さんたち。どんなお話が飛び出すか、お楽しみに~

最終話は2/28(水)零時配信開始です!!

ちょいと小耳なお知らせ!!

「耳ミケ」掲示板が今回の新ドラマを記念して新設されました!

今夜の感想もたっぷり書き込んでくださいね^^

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの左上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

また、「耳ミケ」の古い話がダウンロードできないという方は、こちらのポッドキャストジュースなどのコーナーをオススメしています。

「耳ミケ」のバックナンバーのドラマを聞くにはここからどうぞ。全ての物語がありますよ^^

ポッドキャスト・ドラマ「海とブログとモテない男」最終話のあらすじ

ユウコが帰る予定のフェリー乗り場にやってこないユウイチ。前日に傷つけてしまったことがやはり尾をひいていた・・・このまま別れてもいいのか? 迷いに迷うユウコの決断は?
そして、ユウイチの答えは?

バスを借りて、ユウコが向った先は・・・ついに感動のフィナーレを迎える最終回。ユウコの口から出たのは意外な言葉だった。え?え?え?な感じで送る最終回。お話が終わったと油断するのは早いですぞw

今週の「海モテ」最終話は、3/7(水)零時配信です^^ 耳ミケは毎週水曜が更新日です。


キャスト

森永優子 ・・・ 河合さきこ
中村勇一 ・・・ 浪崎ただし
大石真奈美 ・・・ 小林カナ
村田武子/ナレーション・・・ 瑞木にょこ
中村茂吉・・・ 濱野仁至(ぷろだくしょんバオバブ)

作 桜井りょん
演出 尾崎知紀
音響 前田大介
音楽 中山雅博

以上のメンバーでお送りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のメルマガは「海モテ」最終話&「桜田門外の恋」で盛り上がります

今週も発行してますメルマガは「海モテ」最終話&「桜田門外の恋」の特集です^^

今週で最終回を迎えてしまう「海モテ」・・・涙、涙でございます(つmT) でも、最後まで聞いてやってください。結末は・・・ここでは言えませんw

さぁ、そんなドラマの前には恒例のメルマガ発行!! 今週もブログよりも先取りした情報を、メルマガだけの独占情報をご提供してます。気になる方は立ち読みプリーズでございますよん。

でも、その前にいつもの掲示板とバックナンバーのお知らせです^^ ドラマを聞いたら、何か言いたくなるのは当たり前ですよね。そんなあなたに便利な掲示板とメールアドレス333kdorama@gmail.comもご用意してます。ドシドシ、メルマガへの要望やドラマの感想などをお寄せくださいね~

「耳ミケ」掲示板

先週のバックナンバーを聞き逃した! 今日初めて聞いたけど、昔のドラマが知りたいなんて方はご安心を^^ ポッドキャスト・ドラマのバックナンバーはこちらにあります。

ドラマのバックナンバーはこちらから^^

☆今週のメルマガ記事

最後まで聞けば・・・あっと思う、最終話!

3/6(水)リリースの「海とブログとモテない男」の最終話を前に、恒例のメルマガを発刊してます。ドラマの情報やプチニュースも載ってますので気軽な立ち読み推奨です。

ニュース記事は「桜田門外の恋」の収録のお知らせ。

今回の収録はあの有名声優事務所が強力に収録をサポートしてくれてます!キャストはもちろん、スタジオの使用など。ものすごいパワーアップで収録できて、本当にすごい内容になりそうです。

その、事務所とは・・・・メルマガでお確かめくださいw

今週は「桜田門外の恋」第一話を掲載

四月から配信予定の「桜田門外の恋」の第一話を完全掲載。初の時代劇で気になる方もメルマガでチェキしていただいて、いまから想像を膨らましておいてくださいね。なんと、このお話がロックテイストな音楽でドラマになっていきます!お楽しみに^^

聞きどころなど、一足先にドラマのことがわかるのもメルマガの特典。プチネタ満載の「耳ミケ」通信。新ドラマ情報満載の28号が発刊です!

メルマガの登録はこちらから

不定期発行ですが、ドラマ配信中は必ず出ててますので、要立ち読みですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユウイチ役のなみ兄ぃ

「海モテ」メンバー紹介 浪崎ただしさん

ドラマ「海モテ」でユウイチを気持ち悪く、かつ、さわやかにw演じてくれているのは役者の浪崎ただしさん。いろんな個性的な役柄で、耳ミケにはなくてはならない名バイプレイヤーです。でも、今回は無理を言って準主役をお願いしました。もう、すっかりユウイチファンになってしまった、そこのあなた! 今日はなみ兄ぃの紹介ですよ。

浪崎さんへのお便りは掲示板かメールでね^^

「耳ミケ」掲示板(ブログのお気に入りリンクにも入ってます)

携帯電話からは掲示板はこちらへ。


浪崎さんからのコメントです^^


ユウイチ役の、浪崎です。

このPodcastDrama、耳がミケランジェロに参加するのは昨年、熱かった頃の第2弾「泣くよウグイス」に続いて2回目のなんですが、今回は助演級!楽しくみんなと作り上げられました。

耳ミケ史上サイキョウのキャラになった可能性があるのではないかと思います!
是非お楽しみに!

近況としては、昨年はじめたアルゼンチンタンゴが今熱い! 毎週練習に行ってます。
ええ。実生活の、「なみ」は、ユウイチみたいにピュアではないんです、ごめんなさい。

是非皆様の感想メール!お待ちしております!

役者やスタッフ仲間からは「ナミ兄ぃ」と慕われ、いつも周りを明るくしてくれます。これからも耳ミケのドラマには登場してもらうので、お楽しみに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »