« 「裏耳」第二回後編 | トップページ | 「海とブログとモテない男」シナリオ掲載第二回 »

「海とブログとモテない男」シナリオ掲載

新シリーズが始まります!

1/18のシリーズ配信に先かげて、ドラマの第一話と第二話を二日間に渡って記載します。女性作家の桜井りょんさんを迎えて始まるこのドラマ。いつもとは少し違った雰囲気の、でも耳ミケらしい明るさの残る作品となっております。どうぞご期待ください。

ドラマ配信は1/18(水)の予定です。

「海とブログとモテない男」第一話

作 桜井りょん

【登場人物】

 森永優子(28

 中村勇一(31

 大石真奈美(24

 村田武子(38

 中村茂吉(55

 服部の妻(38

 フェリーアナウンス

【第一話】出会い

   OP音楽

   SE 波の音。

   SE フェリーの汽笛が鳴る。(二回)

アナウンス「このフェリーはまもなくハコ島

(ジマ)、ハコ島に到着いたします」

優子M「コトの発端は二日前。高校時代の先

輩からの電話だった」

   SE 優子の携帯、鳴る。

優子「はい、もしもし優子、あ、先輩? は

い、私なら明日もあさってもずっとヒマで

すけど……は、お見合い? え、ちょっと

先輩、先輩!」

   SE ツーツー、電話が切れる。

優子M「先輩からの電話の内容はこうだった。

『自分の代わりに離島のお見合いパーテ

ィに参加してくれないか。ムリにとは言わ

ないが、断った場合、貸している金をすぐ

に返してもらうことになる』……先輩か

 らのあたたかい脅しに負け、私は今、海の

上」

SE 汽笛が鳴る

アナウンス「まもなくハコ島に到着いたしま

す。お忘れ物などございませんように(今

一度ご確認くださいますよう)」

優 子「よし、降りるか」

   SE ドン! 人にぶつかる。

   SE 物が落ちる音。

優 子「ちょっとどこ見て歩いてんのよ」

勇 一「や、あの、すいません、拾います…は、はい。あ~」

   SE ビリビリと紙袋が破れる音。

優 子「あ、あたしの紙袋!」

勇 一「す、すいません」

優 子「もういいわよ、触らないで!」

勇 一「すいません、すいません……」

   SE 勇一の声、小さくなる。

優 子「ったく、なんなのアイツ」

アナウンス「本日はご乗船いただきましてあ

りがとうございました。ハコ島、ハコ島へ

到着です」

優子M「そして私はこの島へ着いた」

   SE フェリーが港に到着。鉄の扉が

開き港にガクンと当たる感じ。

武 子「ハコ島へようこそ!」

   SE 歓迎の音楽(地方色を感じさせ

る、三味線とか素朴な雰囲気?)

武 子「お世話役をさせていただきます村田武子です。ハコ島の松嶋菜々子と呼ばれてま

す。あら、見えない? ガハハハハ」

真奈美「(優子に)あのぉ」

優 子「はい」

真奈美「もしかしてぇ、お見合いパーティの

参加者の方ですかぁ?」

優子M「振り向くと、そこにはフランス人形

みたいな女のコが立っていた。白い肌、パ

ッチリと大きな目、美しく巻かれた栗色の

髪。どこをとっても『離島の嫁探しお見合

いパーティ』にはふさわしくない!」

真奈美「あの、どうかしました?」

優 子「いえ、少し妄想を……あなたもお見

合いパーティの参加者?」

真奈美「はい、大石真奈美、二十四才でぇす」

優 子「あ、森永優子、二十八才です」

真奈美「えぇ、二十八才に見えなぁい」

優 子「あ、そう?」

真奈美「離島ってはじめてで心細かったんで

すぅ、よかった」

   SE バスのエンジンがかかる。

武 子「それでは出発!」

   SE 走るバスの音。

武 子「それじゃ女性陣のみなさん、これか

ら旅館に向かいます。着いたら少しゆっく

りして、夜は男性陣もまじえての食事会に

なりますんで、化粧バッチリでお願いしま

すよぉ」

優子M「バスに乗り込んだ女性の参加者は、

私と、フランス人形・真奈美ちゃんを入れ

て六人。そして私たちは、島では一番の老

舗だという旅館にたどり着いた」

真奈美「鰯の間、鰯の間……」

優 子「あれ、真奈美ちゃんも鰯の間?」

真奈美「優子さん、一緒ですかぁ?」

優 子「うん。鰯、鰯……ここだ!」

   SE フスマを開ける。

優子・真奈美「わぁ!」

   SE 波の音(オフで?)

優子M「窓から広がる一面の青い海に、私た

ちは息を呑んだ」

真奈美「キレイ」

   SE シャッター音。

真奈美「優子さん、何撮ってんですか?」

優 子「海、ブログに載せようと思って」

真奈美「ブログ?」

優 子「うん、ブログ」

   SE シャッター音。

優 子「でも真奈美ちゃんみたいなかわいい

コが、何でこんな島の、こんなお見パに参

加してんの?」

真奈美「もちろん結婚したいからです」

優 子「いくらだって相手いるでしょ」

真奈美「ま、そうなんですけどね」

優 子「え?」

真奈美「優子さんは何で参加したんですか?」

優 子「私? そりゃまぁ結婚したいから? 

……うん、そう。はは、はははははは(ご

まかし笑い)」

優子M「実は私には彼がいる。服部和也、三

十三才。雑誌のカメラマンをしている彼は

優しくて、かっこよくて、会えばいつも私

をお姫様気分にさせてくれる。結婚するな

らこの人しかいないと、心に決めては

 いるのだけれど……」

   SE ピンポンパンポン。

武 子「(マイク放送)参加者のみなさん、食

事の準備ができたんで、大広間に集合して

ください」

   SE 歓迎の音楽

   SE 人が集まるざわめき。

武 子「みなさん、今日は遠いところからよ

うこそ。海と山と魚しかないとこですけど、

どうぞ、いい男を見つけて帰ってください

ね。実を言うと私も、おとうちゃんに惚れ

て東北から嫁にきたんだ。いまじゃ、なま

りもなくなってすっかり地元の人だべ」

   武子、テレ笑い。

優子M「一列に並んだ私たちの向かいには、

島の独身男性たち。どれどれ。青いポロシ

ャツにリーバイスのジーンズ、服のセンス

はまぁまぁか、あ、ポロシャツから胸も出

てる。男性ホルモン濃そぉ。お隣は……

 風呂上り? なんか顔ツヤツヤ光ってて、

誰かに似てんなぁ……あ、七福神! その

また隣は、うわ、いまどき七三分け。役場

とかに勤めてんだろな、たぶん」

武 子「自己紹介前に、緊張をほぐすため、

まず乾杯から行きましょか」

   SE グラスにビールが注がれる。

武 子「みなさん用意はいいですか、それで

はカ(ンパ~イ)」

   SE 音頭をさえぎるように、勢いよ

く開くフスマ。

勇 一「お、お、遅くなりました!」

優子M「あ、フェリーの紙袋男!」

武 子「遅いよ、勇一」

勇 一「すいません、仕度に時間がかかって、

あ、乾杯ですか? グラスグラス、あ!」

   SE ドッシャンガラガラ! つまず

いてお膳をひっくり返してしま

      ったのだ。

勇 一「す、すいません」

真奈美「大丈夫ですか?」

勇 一「だ、だ、大丈夫です!」

真奈美「うふ」

勇 一「あ、あの、中村勇一、三十一才、独

身、花嫁募集中、よろしくお願いいたしま

す!」

優子M「コイツは一体何なんだぁ!」

|

« 「裏耳」第二回後編 | トップページ | 「海とブログとモテない男」シナリオ掲載第二回 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88910/4829455

この記事へのトラックバック一覧です: 「海とブログとモテない男」シナリオ掲載:

« 「裏耳」第二回後編 | トップページ | 「海とブログとモテない男」シナリオ掲載第二回 »