« 今月は5回も耳ミケが聞けちゃいます | トップページ | 修一役の松本雄大! »

「君が聴こえる」第五話

「君が聴こえる」第五話

友人と衝突してしまい、周囲と上手くやっていけない修一。孤独の中で生きてきたはずの彼が、いつしか寂しさを覚えるようになっていた。少年に起きた不思議な日々を描くポッドキャストドラマの第三弾「君が聴こえる」の第五話がリリースです。

「耳ミケ」ではドラマの感想をお待ちしてます^^ ブログへのコメントやトラックバック、新たにできたメルアドへお寄せください。新アドレスは「ミミミケドラマ」と簡単な語呂合わせですので覚えやすいのです。

お便りは「333kdorama@gmail.com」までお寄せください^^

まだ、未登録の方が「耳ミケ」のドラマを聞くには

 ↓  ↓  ↓

登録はこのブログの右上にあるカレンダーの下にある赤いバナー「RSS PODCASTING」をiTUNESのソフトにドラッグ&ドロップするだけ。            

ipodを持っていなくても、PCがあればiTUNESなどで聞くことができます。(詳しい聞き方はこちらを見てください。)

また、「耳ミケ」の古い話がダウンロードできないという方は、こちらのポッドキャストジュースなどのコーナーをオススメしています。

古い「耳ミケ」のドラマを聞くにはここからどうぞ。全ての物語がありますよ^^

ポッドキャストドラマ第三弾「君が聴こえる」

「君が聴こえる」 第五話あらすじ

孤独と不安の中で揺れ動く修一の心。文化祭の余計なイベントを引き受けたことで、
ますます周囲から浮いてしまう。学校へ通うのが憂鬱になった彼を、皮肉にも元気
付けてくれるのは、やはり舞子だった。

修一も気になっていた直人に会いに、バスケット部の練習を見に行く。ところが、
キャプテンの高岡から挑発を受け、直人と1ON1の勝負することになってしまう。
心配する直人をよそにボールを持った修一は、かつて自分を包んだ感覚を思い出して
いた。

ついに、直人とのバスケットシーンが登場の第五話です^^
明るく、悲しく、切ないファンタジーストーリーが全8話で展開します^^

サウンドドラマの第三弾「君が聴こえる」第5話は11/29(水)の配信です。
音の世界ならでは情感をお楽しみください。

声の出演

植野修一(松本雄大) 舞子・ウィリス(村椿玲子) 

松田直人(三好昭央) 高岡健太(山本修司)

植野冴子・ナレーション(宮本夕子)

スタッフ

作 尾崎知紀  演出 古舘忠幸 

音楽 渡邊 崇  音響 前田大介  音響助手 宮川 克仁

|

« 今月は5回も耳ミケが聞けちゃいます | トップページ | 修一役の松本雄大! »

「君が聴こえる」ドラマ本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「君が聴こえる」第五話:

« 今月は5回も耳ミケが聞けちゃいます | トップページ | 修一役の松本雄大! »